新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

第 11 回湊酒田つや姫ハーフマラソン大会
新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(2022 年3 月14 日時点)

本ガイドラインは、参加者や大会に携わる関係者、市民の安全を確保するために、日本陸上競技連盟のロードレース競技会ガイダンスの基準等をもとに作成したものです(本ガイドラインの内容は、新型コロナウイルス変異株の特性や感染状況等に応じ、国、県、日本陸上競技連盟等が示す対策の内容を踏まえ、必要に応じて見直す場合があります)。
下記の項目をよく読んでいただき、内容を承諾したうえで大会にエントリーするよう、お願いいたします。

PDFダウンロード

1.大会の開催可否決定時期の設定2.感染症対策のための遵守事項3.大会前4.大会当日5.大会終了後6.その他

新型コロナウイルス感染症の国内の感染状況や感染拡大等を踏まえ、大会当日に安全な開催が可能かどうか判断するとともに、参加者の宿泊キャンセル費用等の負担を軽減するため、大会開催約 2 か月前となる 8 月 16 日(火)までに大会の開催可否を決定します。
なお、上記決定時期に関わらず、新型コロナウイルス感染症が急速に拡大し、以下の「大会中止決定基準」に該当する状況になった場合は、その時点で大会の中止を決定する場合があります。
また、支払い済の参加料については、中止を決定した時点で実際に係った経費等を勘案して返金の有無を決定します。参加者の居住地で緊急事態宣言や往来自粛が発出されている場合の返金の有無についても、その時点での状況を判断して決定します。

【大会中止決定基準】
(1)山形県に緊急事態宣言が発令されている場合
(2)山形県から不要不急の往来、外出自粛が要請されている場合
(3)山形県または酒田市からイベント開催自粛を要請されている場合
(4)新型コロナウイルス感染症患者受け入れ医療機関(後方支援病院)が確保できていない場合
(5)国内の感染状況や感染拡大リスク等を踏まえ、安全な開催が困難であると実行委員会が判断した場

参加申し込みをいただいた場合は、以下の事項を了承し、遵守することを同意いただいたものとします。 以下の事項に違反したことによって参加が認められなかった場合、原則として参加料・手数料の返金は行いません。
(1)本大会の感染症対策及び個人情報の取得、目的、提供の内容について了承すること。
(2)以下の場合は、参加を辞退すること。
①大会当日に発熱(37.5℃以上)した場合や、大会当日及び大会前 2 週間以内に体調管理チェック
シートの項目に当てはまる症状がある場合。
②大会 2 週間以内に、新型コロナウイルス感染症陽性と診断された方との濃厚接触がある場合。
③大会 2 週間以内に、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合④大会 2 週間以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合。
(3)大会終了後 2 週間以内に新型コロナウイルス感染症への感染が発覚した場合は、主催者(大会実行委員会事務局)に報告し、自治体や保健所等の調査に協力すること。
(4)大会後に感染症を発症した参加者が発見された場合には、その感染経路の特定に協力すること。

・本大会に参加される方は、大会当日に体調管理チェックシートを必ず提出していただきます。事前に送付される体調管理チェックシートに基づき、大会 2 週間前の体調確認・検温結果を記入してください。大会当日、提出していただけない場合や虚偽の記入をされた場合は参加をお断りします(この場合の参加料返金は行いません。以下「参加をお断りします」の記載は同様の対応とします)。
・感染リスク排除を徹底することから、体調管理チェックシートにより感染リスクが高いと判断された場合は、医療スタッフの診断により参加をお断りします。医療スタッフの診断を拒否された場合も同様となります。
・65 歳以上の方、基礎疾患を有する方の場合、重症化するリスクが高いことを認識したうえで参加してください。

(1)入場前
会場にスムーズに入場いただくため、大会当日分の体調確認・検温結果の記録を済ませてから、来場してください。
(2)入場時
・必ず指定された入場口から会場内に入場してください。
・会場内に入る際は、主催者の指示に従い、アスリートビブス、体調管理チェックシートを提示してください。
・検温カメラによる体温測定を受けてください。
※発熱(37.5°C)が確認された場合は、新型コロナウイルス感染の有無にかかわらず、会場への入場や大会への参加をお断りします。
・検温・健康チェックで問題がなかった方には、入場許可を証明するリストバンドを装着していただきます。リストバンドは大会終了後まで外さないでください。
(3)会場内の行動について
・会場内では、マスクの着用、手指消毒等の感染防止対策を行ってください。大会が求める感染防止対策に従っていただけない場合は、参加をお断りします。
・手荷物置き場や更衣室などでは滞留せず、速やかに行動するようご協力願います。
・更衣室(屋内走路内)は、密を避けるためスタート前は利用することができませんので、競技に参加する服装で来場してください。なお、競技終了後に利用する場合も短時間で利用するようお願いします。また混雑時にはスタッフによる利用人数の制限を行う場合があります。
・ゴミやマスク、飲みきれなかったドリンク等は各自で持ち帰り、処分してください。
・他の参加者と十分な距離を取って、大声での会話は厳に控えるようお願いします。
(4)競技中
・スタート前(スタートラインへの移動・待機)とゴール後は、特に密になる可能性が高いのでマス
クを速やかに着用してください。また競技中は各自の判断により対応願います。
・可能な限り、他の参加者とは十分な距離(できれば 2m 以上)の間隔を取ってください。
・唾や痰を吐く行為はおやめください。
・給水所では、水、スポーツドリンク、個包装で提供できる必要最低限のフードのみ提供予定です(ス
ポンジは提供しません)。ランナー各自で栄養補給に必要なものを携帯してください。
(5)競技終了後
・競技終了後は呼吸が整い次第、速やかにマスクを着用してください。
・当日の記録速報は会場に掲出しません。後日大会 WEB サイトに掲載します。
・完走証の発行はしない予定です。
・表彰式は行いません。入賞者は、賞状等引換所において、賞状等を受け取ってください。
・会場内には滞留せず、速やかに退場するようご協力願います。

・大会終了後 2 週間の体調管理・検温結果を各自で記録してください。
・大会終了後 2 週間以内に新型コロナウイルス感染症の症状が発生した場合は、必ずかかりつけ医療機関を受診し、感染が確認された場合は、主催者(大会実行委員会事務局)に対して濃厚接触者の有無等について報告願います。

(1)観戦・応援について
・大会会場には、参加者以外の方(家族や友人など)は入場できません。
・コース沿道上での応援は、大会当日に想定される感染状況により、自粛のお願いをすることがある
ことをあらかじめご承知おきください。
(2)大会スタッフについて
・大会運営スタッフは、マスク、フェイスガード、ビニール手袋等を着用します。
(3)体調不良の参加者・スタッフがいた場合
・体調不良を感じた場合は、速やかに会場内及びコース上の救護スタッフに申し出てください。
・本大会で新型コロナウイルス感染者が発生した場合は、関係機関への情報提供を行うとともに、必
要に応じて参加者・大会関係者に連絡します。
(4)推奨アプリについて
・本大会では、新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)の利用を推奨します。

(5)保険について
・本大会で加入している保険は、新型コロナウイルス感染症を含む疾病は保険適用外となります。
(6) 新型コロナウイルスワクチン接種について
・大会前に新型コロナウイルスのワクチン接種が可能な方は、接種しておくことを強く推奨します。

主な新型コロナウイルス感染症対策

本大会では、以下の感染症対策を実施します。

1.大会規模の縮小
● 競技をハーフマラソン、10km に限定し、参加者数はソーシャルディスタンスを考慮し定員の
見直し(2,000 名⇒1,200 名)
● 5km の部・3km の部・1km の部は開催見合わせ
● 式典や関連イベント、応援イベント等の中止
● 参加者を国内在住者(18 歳以上)に限定

2.専門医や管理体制の構築
● 感染症対策室の設置
● 専門医や保健所の指導・助言に基づく感染予防マニュアルの作成
● 医師も含めた医療従事スタッフを現場に配置

3.ソーシャルディスタンスの確保
● メイン会場はゾーニングにより参加者・関係者以外を明確に区分けする
● メイン会場を効率的にレイアウトし、密防止を徹底

4.全関係者の体調管理
● 2 週間前から全ての参加者・関係者は「体調管理チェックシート」による体調や体温の管理
(大会当日朝、回収・確認)
● 会場内入口で参加者・関係者の検温実施

5.手指消毒、服装 等
● 大会関係者は全てマスク着用を義務付け、参加者に近接するスタッフはフェイスガードや手
袋・防護服を着用
● アルコール消毒液を各所に配置、更衣室等の換気の実施

6.沿道観戦の自粛要請(大会当日に想定される感染状況により判断)
● 大会 WEB サイト・ポスター・交通規制チラシ・看板等に協力文を記載

湊酒田つや姫ハーフマラソン大会実行委員会 事務局

NPO法人元気王国(℡0234-26-0470)
酒田市教育委員会スポーツ振興課(℡0234-43-6651)